出会い系サイトで彼女を作るのは既に普通の事となった!

ネットが世の中に普及し始めてからもうどれくらいの月日が経っただろうか?

パソコン通信時代を含めれば30年程度だろうか?まあ、Windows95が発売されてインターネットは一般家庭に出回り始めたので一般的に言えば20年くらいだろうか。

今やスマートフォンでPCと同等クラスのネット環境が誰でも利用できる。

変わったのは、ネットを利用する年齢層の幅広さと目的の多様化ではないだろうか?

ヒカキンやハジメ社長などはYouTubeで活躍しているが、このメイン視聴者は圧倒的に子供である事をご存知だろうか?

更に、高齢者のネット利用も凄まじい勢いで伸びておりネットスーパーの多くは高齢者が需要を支えているという。もちろん、注文はスマートフォンから行う。

そして、若い世代や中高年達。

彼らは簡単に言えば全ての生活をスマートフォンで済ます。ゲームや動画から様々なサービスまで何でもスマホでこなす。

当サイトのメインテーマでもある男女の出会いについても、もちろんスマホで見付けるのが当たり前だ。

特に、気軽にセックスを楽しむ為の娯楽としての出会い系サイト利用率は極めて高い。まあ、セックスなんてのは人間最大の娯楽なのでこの流れは至って普通の状況だとは思うが。

更に、最近では彼氏や彼女を出会い系サイトで見付ける事もなんら不思議な世界ではなくなった。それどころか、合コンや知り合いから異性を紹介されるよりもで出会い系の方が自由に付き合えると考える人が多くなって来ている。

私も彼女を作るなら断然出会い系サイトを利用するべきだと思う。何故なら、趣味や性格のマッチングを相手の女性と会う前に見極める事ができるからだ。

ハッキリ言って合コンや街コンなんてのはコストが掛かる割りに女性選びが限定されてしまうので最悪のコストパフォーマンスだと思う。

自由に選べて好きな付き合い方を楽しむ。私はこれが今時の出会いの形だと確信している。

村上ファンドの強制調査にみるアベノミクス相場の未来について

またもや株価操縦の疑いにより村上ファンドが強制調査を食らった。このニュースを聞いた瞬間に私が感じた事。

それは

日本の景気はバブルに突入しているのかもしれない

という事だ。

ライブドアショックの時代を思い出して欲しい。日経平均株価は16,200円程度をウロウロしていた。そしてライブドアショック後には15,300円付近まで暴落してしまった。

結果的にライブドアショックにより新興銘柄は大暴落して、後にインサイダー取り引きを行っていた村上ファンドの村上が逮捕された。

この事件は堀江貴文の逮捕と同時期に起きたので、村上事件はあまり知らない人が多いかもしれないが、株式トレードを行っていた人にとってはなかなかの衝撃だった。

今回の村上ファンドの強制調査は間違いなく警察の怨みが大きいのでは?と感じる。何故なら、警察は村上を懲役にぶち込む事が出来なかったからだ。

そして、凝りもせずに大量の株式買い付けにより企業を支配しようとする動き。この行動が再び出る杭を打つ日本の警察の火をつけたのだろう。

この一連の流れ。

私は日本株が上昇のピークを打つのが極めて近いのでは?と感じている。そして、アベノミクスが既に外国人株主から失敗だと思われ始めたとも感じる。

何故、安倍総理は急に経済対策についてトーンダウンして来たのだろうか?

株価を上げたいなら直ぐにでも日銀の黒田を呼び出して、大規模な金融追加緩和を発表させれば良いだけの話だ。

前回と同様クラスの追加緩和をすれば、20,000円からの日経平均株価なんてのは真空地帯であるから下手すれぼ30,000円まで一直線に上がるかもしれない。

そうなれば、日本が80年代に付ける事が出来なかった日経平均株価

40,000円を超える事が出来るチャンスすらあると感じている。しかし、この場での村上ファンドの強制操作・・・私は何か嫌な予感がしている。この手の株式トレーダーの心理を煽る事件はボディーブローのように精神面をネガティブな状況に陥れるからだ。

正直、言って村上及び長女の一連の株価操縦は一般的な株主にしてみれば迷惑以外の何者でもないと私は感じている。

出会えなくて悩んでいる人には必ず欠点があります!

出会い系サイトを始め、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディア、今旬になりつつあるツーショットダイヤルなどを利用して出会えなくて悩んでいる方はいますか?

ハッキリ言って、これだけスマートフォンが普及して誰もがモバイル環境でインターネット利用するようになった昨今で、全く会えないなんて方は確実に問題だと私は思います。

更に言えば、異性との出会いに関しては男性よりも圧倒的に女性の方が積極的であり、溢れている現状があるのです。ですから、その中で出会いを探しているのに女性と会えない方は言葉は悪いですが完全な負け犬と言える。

負け犬な人生なんて嫌ですよね?

今回はそんな出会い負け犬に陥っている男性に向けてのアドバイスをしたいと思います。

人間には誰でも必ず欠点があります。これはどんな天才でも同じ。天才肌の人なんかは一つの事には素晴らしい才能を発揮するが、その他は欠点だらけなんて人も多いと聞きますしね。

貴方が女性と会えない欠点をノートやスマホのメモ帳に今から書き出してみて下さい。

恐らく、悩んでいる期間が長い人ほど、その欠点は多います。また、自分ではどうしても思い浮かばないと言う人は兄弟か親に指摘してもらって下さい。

自分で考えた人も、併せて兄弟や親からの指摘をしてもらうと、更に細かい欠点が見つかると思います。

欠点を書き出したら、ここからが重要な作業になります。まずは、その欠点の一つ一つを真摯に受け止める事が大切。そして、これが自分の欠点なんだと強く頭に入れてその欠点を全て暗記して下さい。

覚えたら次は解決です。その欠点が女性に対して前面に出てしまいそうなシチュエーションやアポの時は必ずその欠点を頭に強く意識してその女性との会話に向き合って下さい。そして、欠点を解決する為の行動や会話をして行くのです。

女性に対してコミュニケーションが上手く行かないなんて悩みなんてのは、そもそも癖みたいなものなんです。女性から嫌がられたり敬遠される限度が幼い時から癖として染み付いているのです。

ならば、女の子と出会えるようにするには、その厄介な癖を一つ一つ取り除いてやれば良いだけの話。

頑張れぼ誰でも出来ます。是非とも女性との出会いが上手く行かない方は実践してみて下さい。

ツーショット番組の料金は店舗型テレクラと比較すれば納得出来る!

ここ数年間でスマホ端末の普及は爆発的に増加した。

ガラケーからスマホへこれはガラパコスと世界から馬鹿にされたガラケー携帯電話がいよいよ不要の産物だと世の中の人々に認知されたからだろう。

ガラケーとスマホ(iPhoneとAndroid)の二台持ちしていた方々も、LINEの普及に伴うスマホ電話通話料金の低価格プランの登場でスマホ一本に絞った方も多いのではないでしょうか?

さて、ツーショットダイヤルの話しをしよう。スマホとLINEの人気化に比例するように人気となているツーショットダイヤル番組。ここ2年間程度で数倍程度は全体のユーザー数を伸ばしたのではないだろうか?

しかし、中には

「番組利用料金が高い!」

「電話するだけなのに1分100円は詐欺だ!」

と私の元にメールして来る人がいるのだ・・・

はぁ・・・全く持って溜息しか出ない・・・良いだろうか?ツーショットダイヤルは異性紹介型の電話コミュニティーである。歴としたサービスなのである。

サービスを受けるときに皆さんは対価としてお金を支払わないのだろうか?食い逃げする?それとも万引き?そんな行為は間違いなく犯罪である。サービスには対価を支払う必要があるのだ。

それにツーショットダイヤルの利用価格については、店舗型のテレクラと比較すればいかに普通な金額設置か説明が付く。店舗型のテレクラは1時間2000円程度だ。一見、安いと思うかもしれないが、考えて欲しい。

店舗型のテレクラと言うのは女性からのコールをテレクラ店舗の店長が皆に平等に分配してくれる仕組みである。ツーショットダイヤルとは違い攻めの電話ナンパを行う事は不可能なのである。これを考えれば店舗型のテレクラより約数倍のコール期待がツーショットダイヤルでは期待出来る。

それを考えればツーショットダイヤル番組の平均である1分100円程度の利用料金は極めて適切だと言えるだろう。

景気感と女のエロスの関係性は気軽にセックスするなら常に考えるべきだと思う!

私は昔から株式取引をしており、インターネットで株取引が出来るようになってからは、毎日のように世界情勢や株式チャートを眺めて生活して来た。

株というのは、基本的には世の中の景気に左右される。実は株というのは長期的に見れば世の中の人々達の景気感と見事に比例するのだ。

例えば、日本のサラリーマン達が皆んな最近は給与がガンガン上がって、金に余裕が出来て来たな!と思えば、その金は確実に趣味や娯楽に回り、結果的には日本の消費が増えて企業が儲かり株価は右肩上がりになって行くのだ。

実は株が長期的に上がる仕組みはこれだけの理由なのである。

そして、この景気の良し悪しと言うのは女達のエロスにも大きな影響を与えると私は確信している。

具体的には景気が良くなったと女が感じれば、女は性的に開放的になりセックスしたくなる気分が強まる。逆に景気が落ち込んだと女達が感じれば、セックスに対する興味も比例して落ち込むのである。

だからこそ、私は世の中の景気に敏感になる事は重要だと感じている。何故なら、景気というのは短期的にも個人的にも波が存在しているからだ。

例えば、狙っている好きな女がいるとして、その女がOLをしていて契約社員から正社員になれたとする。このタイミングは確実にセックスチャンスであり、ナンパチャンスなのである。

契約社員から正社員になれれば、年収は百万クラスで上がるだろう。つまり、それは彼女にとってのバブル期なのだ。景気が良くなればセックスしたくなる。ならば、男ならその女を口説いてセックスすべきだろう。

もちろん、株式市場などを見て全体的な女のエロスのバブル化を狙って行くのも良い。

とにかく人々の景気感と女達のエロスは確実に比例していると常に頭に入れて、女をナンパする事や出会いを楽しんでみて欲しい。

大宮はベタだが埼玉のヤリマンスポット電話番号である

大宮南銀通り

JR大宮駅東口を出て、直ぐに右を向くと南銀通りへの入口が見える。この通りは非常に盛り上がっている繁華街である。

カラオケや居酒屋などが建ち並び、中にはテレクラや出会いカフェ、そしてキャバクラやガールズバーも揃っており、巨大歓楽街としての側面も持っている場所である。

ザックリ言えば、大宮は埼玉の中でトップクラスに栄えている地域なのだ。

そんな大宮及び南銀周辺だが、私はツーショットダイヤルにおいてもこの周辺に対応する電話番号は最高のヤリマンスポットだと実感している。

狙える女性年齢層もかなり幅広いが、やはり南銀周辺をブラブラして日常的に遊んでいるようなギャルやOLが個人的には狙い目だと思う。

マックス、ハニーライン、ハニートークなど若い女性が多く登録するツーショット番組であれば、埼玉は基本的き女達のツーショット利用率が高いのでヤリマン女探しもしやすい。

狙い目の時間帯は平日の夕方から夜9時辺りまでがコールチャンスた。仕事や学校が終わった辺りを狙えば女子大生、フリーター、ギャル、OL達との繋がりもかなり良好だ。

ツーショットナンパの仕方に関しては二通りあると思う。

一つ目は手当たり次第にコールを連発してヤリマン女達との即アポを狙って行く方法だ。これは、数打てば当たる的なナンパにはなるが、初めに述べた通り大宮周辺は最高のヤリマンスポットと言えるので成功率は高い。

二つ目だが、これは一つ目との即アポに対して真逆の手法になる。

とにかくギャル、女子大生、OL達と電話が繋がった場合はLINEのID交換に繋がるような雑談トークを繰り返して、多くのヤリマン女達のLINEIDを集める手法だ。

この方法はとにかくLINE内での会話を濃密に行い、飲み友達からの出会いに持ち込む。

ヤリマン女は飲みからのセックスは確定したようなものだ。だから、始めから飲み友達を作るた為にLINEIDを交換する。

この二通りのツーショットナンパ手法を行えば埼玉のツーショットダイヤル電話番号はヤリマン女確保の為の最高のスポットになるだろう。

OL達の夜の好奇心が止まらない!今ツーショット番組を使うなら圧倒的に夜遊び好きなOLです

勢いのあるエロ女達の年齢層というのは、私は時代のサイクルや時代背景により、全く変わって来ると確信している。

この傾向の始まりは1980年辺りから顕著に見られるようになった。80年代後半は日本がバブルのピークを迎えていた時期。

この時のエロ女は間違いなくOLだった。彼女達は好景気に比例するように性に対して開放的になり、丸の内のOLなどはある意味でブランドと化していた。

90年に入るとジュリアナ東京というバブルの象徴的なディスコが大ブームとなり、女達は極端に短いポディコンスーツに身を包み、下着はTバックになって、お立ち台で踊り狂い中にはノーパンで男達に性器を見せ感じまくる女もいた。

このジュリアナ東京に通う女達の殆どがOLであった。

一方で、90年代はエロ女達の世代交代の時期でもあった。安室奈美恵の登場による女子高生ブームの到来だ。

この頃から、性的な意味で女子高生はブランド化し、彼女達が好んで身に付けていたルーズソックスは大ブームとなった。更に、女子高生達は金を稼ぐ為に親父達と売春する事に手を出し始める。

これが、今では当たり前の言葉になった援助交際の原点である。

このように、女達のエロ化は時代の流れとサイクルによりガラッと変わる側面がある。

そして、2015年におけるエロ女とはどんなタイプなのか?

それは、間違いなくOL達である。この現象が起きる少し前に、実は人妻や熟女ブームが起きたのだが、こちらは大盛り上がりするまでには至らず、今でも少なからず人気となっている程度に留まっている。

やはりOLが最強と言わざるを得ない。彼女達のエロ化はまだ社会現象とはなっていないが、私から言わせてもらうと、今世紀最大のヤリマン化した女達の年齢層だと感じるくらいだ。

特に飲み歩きが大好きで、立ち飲みや行き付けのBARなどに頻繁に通うようなOLは高確率でヤリマンOLである。

軽く声を掛けて、テンション高めにリアクションしてくれるような子に関しては、その時点で

今夜はセックスOKという意味

すら感じるレベルなのだ。ナンパには確実に適しているだろう。

今年の夏のナンパの成果はどうだった?俺は爆食い連勝中!

本当に今年の夏は暑かった!いや、熱かったと言える!

毎日のようにストナンした私は7月8月と東京都内の繁華街を歩き回っただけで、何と体重が7キロも落ちたからな。

また、このダイエットの成果はチンポが乾く暇も無い程の連続セックスのお陰という噂もあるがw

単刀直入に言って今年の夏場は15人の女子大生と20人のOLとストナンオンリーでパコることに成功したのだ。単純計算すれば2日に1人は違う女をナンパしてセックスする事に成功したのだ。

渋谷、池袋、六本木、新宿、巣鴨などとにかく人が集まる地域に絞って毎日ストナンに繰り出した成果は余りにも立派だったと自分でも思う。巣鴨は意外かと思うかもしれないが、やたらと女子大や学校が多いので学生狙いのナンパスポットとしては最高なのである。

しかし、今年の女達の発情レベルは過去10年程度の中では間違いなくド変態レベルだ!

予想していたよりは女達のファッションなどは露出度が控え目だったのは少し悲しいが、その分女達の内面はセックス大歓迎モードだった気がする。

個人的にはこの調子だと10月の後半辺りまでは真夏の特権とも言えるストナンナンパ入れ食いが楽しめるのではないか?と言う感覚でいる。

もちろん、夏休みが終わる9月にはストナンだけでなく、出会いアプリやツーショットダイヤルも積極的に活用して行く。

今年のストナンは正直言って、私の予想を遥かに超える成果を得ることが出来た。この反動があると思うと少し悲しいが、幸いお気に入りのセフレも5人程キープ出来たので、当分の間は満足度の高いセックスライフが送れるのでは無いかと思う。

そして、今回の夏ナンパで感じた事は、やはりストナンにはストナンの魅力があるのだなと実感させてくれた事だ。

ツーショットや出会い系は実際に出会うまでは相手の顔やスタイルを確認するのは写メ交換くらいしか方法が無い。そして、今時の女達は神写メを撮る技術が上がっている。なので、実際に写メを交換したとしても、その写メは詐欺写メである確率が高いのが難点だ。

その点、ストナンは各自に自分好みのメスを物色出来るメリットがあるから素晴らしい。今回は正にこの物色を思い切り楽しむことが出来た。

それに、ストナンはかなりのトークスキルを要するのも事実。今回のストナンでかなりのトークスキルを得ることが出来た点も私にとってはかなりの成長となった。

このトークスキルはツーショットや出会い系サイトでも活用できる。つまり、私のナンパスキルはこの夏でワンランクもツーランクも上がったのだ。

やはり、夏のストナンは絶対にするべきだ。

即パコ最大のコツは暇女に特攻する事である

私は長年に渡り素人女とのセックスに情熱を注いで来ました。その結果、僅か10年間で3000人の女をハメ倒す事に成功した。

今で言うところの「パコる」である。

3000人もの素人娘をパコると流石に素人女と効率的にセックスするナンパ手法が確立された。

そのナンパ手法を今回はレクチャーしたいと思う。

そのナンパのコツはズバリ!

暇な女をとことん狙う事だ!

ハッキリ言って普段から日常生活が充実している女と、特に当てもなく毎日を生きている女をナンパした時はまるで違う結果となる。

5人のリア充女とセックス為るための労力を暇女に使った場合は50人の女とセックス可能だ。

つまり、リア充を狙った女に比べて暇女のナンパ成功率は5倍と言うことだ。

だからこそ皆さんには積極的に暇女を狙って欲しい。例えば時間を持て余す女が多いスポーツクラブなんてのはどうだろうか?

ネットや電話コミュニティーでも同じだ。

暇な女。つまり平日の朝方や昼間の時間帯にも関わらず男を求める女を徹底的に攻めるべきだろう。

暇だからこそ女はセックス相手を求める。ならは、ピンポイントで暇女を狙えば良い。簡単な話なのだ。

中国株が崩壊!アベノミクスへの挑発としか思えない!

遂に中国株が崩壊した。上海市場の動きは前々からおかしかった。急激に二倍もの平均株価になった上海。個別株を見ると十倍以上に値上がりした株もゴロゴロしている。

そして、始まりは緩やかだった。僅か5%程度の下げがポツポツと出る日が続く。この時の日経平均株価は二万えに乗せていて絶好調だった。

しかし、暴落は突然来た。原因は間違い無く中国政府の余計な株価の趣旨を目的とした政策だろう。

いきなり、信用保証担保を緩和したり、家を担保に株を買えるなどと言うメチャクチャな政策を何個も立て続けに出したのだ。

当然、中国国民は上海株は大丈夫なのか?と思う。その思いが爆発して今回の暴落となっているのだ。

しかも中国政策は株式の世界では絶対に犯してはならない政策をしてしまった。それは、個別株の売買ストップ(取引停止)である。

これをやれば、事実上の資産凍結である。下手すれば国を揺るがす程の惨事であると国民は思う。

そして今、負の連鎖はおきている。上海株が売買出来ないのであれば、香港株を売れば良い。こんな動きがリアルタイムで起きている。そして、何と中国政府は全体の4割の上場株を売買停止にし始めた。

良いだろうか?中国株と言うのはグローバル化されていない。上海市場を支えているのは全体の7割に当たる個人投資家なのだ。

爆買いと呼ばれる中国人の日本贅沢旅ももう終わりだ。中国が復活するにはどう考えても10年の歳月が必要だからだ。

日経平均株価も既に1000円以上暴落してしまった。ギリシャ問題なんて全く痛くない。本当に痛いのは中国の崩壊だ!

もしかするとアベノミクスはこの先に大ピンチを迎えるかもしれない。それはサブプラローン問題の時と同じ様に、世界規模での信用収縮が起きる時に発生する。もし、チャイナショックが本当に起きればアベノミクスなんてのは無意味に終わる。

直ぐ日本円は二桁に戻るだろう。そして訪れるデフレ。こうなれば日本は先進国から脱落するだろう。何故なら既に大量の日本円を刷ってしまったからだ。

とにかく、この先の上海及び香港市場には注意深く監視するべきだ。そして、日本はアベノミクスを守らなければならない。