株が上がれば一般人が株式投資に参入して来る!これがバブルの始まりであり崩壊の序曲である

私のブロクでも定期的に景気や株の話をしている。そして、バブルが来ればそれはエロ女友達の増加に繋がることは何度もお伝えして来た。

気が付けば日経平均株価は二万円間際である。アベノミクス相場が始まる前の民主党政権時代の日経平均株価は僅か八千円程である。既に二倍以上の値上がりだ。

アベノミクス相場が始まった当初はニーサなどのニュースも飛び交いテレビなどでも株の話をする人が増えたが、翌年の大暴落によりかなりの一般人が損失を被り投資から離れたように感じる。

しかし、気が付けば二万円間際である。投資と言うのは短期的に見ればかなりの乱高下を繰り返す。この乱高下に耐え切れないものは何故か損切りしてしまう。

何故なら金を失うと言う恐怖に耐えられないからである。そして、これは手持ちの貯金に対しての投資額が大きければ大きい程に恐怖を感じるものだ。

ハゲタカと呼ばれる外国人ヘッジファンドなどは、この一般人が恐怖を感じるポイントをかなり細かいデータでピンポイントに把握している。

彼らは豊富で莫大な資金力を利用してこの一般人が感じる恐怖と楽観をギリギリのポイントまで叩き落としたり持ち上げるのだ。

しかし、日本株は確実に上昇している。恐らくこの相場は東京オリンピック間際まで続くのではと感じている。もしかすると、日本株は未曾有の四万円を突破するかもしれない。または、そこまで行くまでに叩き落とされるかもしれない。

上手く飛び乗り、利益が出たところで素早く利益確定するスキルがこれからの日本株をトレードする人には必要になって来るだろう。

まあ、私的にはガンガンにバブル景気になってもらいエロ女達が渋谷や新宿などの街でエロエロになってもらえれば良い。

もしかすると、この日経平均株価の二万円と言うのは序曲に過ぎないのかもしれない。何故なら中国やアメリカの株価が絶好調だからである。世界的に株価が上がれば確実に金は余って来る。その金がアベノミクス相場と言う大規模金融緩和を材料にまだまだ買われる可能性はあるのだ。

エロ女も増えて欲しいが私は金も増やしたい。私はバブルの時に青春時代を過ごした人間だ。もう一度あの女達がエロに狂った日本が見てみたい。