一人の女との長期的なセフレ関係はリスクの塊です!

セフレという言葉は日本でも完全に市民権を得た言葉だと思う。

最近では男だけでなく、女でもセフレ関係が気軽だと言い放つケースも多く、肉食女子などは恋愛よりもセフレが楽と断言する子も多い。

私はセフレ関係が世の中で当たり前となる事を望んでいる。やはり、一人の異性としかセックスを楽しんではいけないと言う考え方なんてのは、どう考えてもおかしいと私は思うのだ。

しかし、セフレ関係にはリスクも存在する。

そのリスクとはセフレとして付き合う期間の長期間である。

ハッキリ言ってセフレ関係というのは長過ぎてはならない。

具体的にはどんなに長くても一年を限度とするべきだ。それ以上のセフレ関係というのは基本的にはリスクとり、特に男にとっては女性から本気の恋愛を迫られる脅威となる可能性が高い。

セフレ関係を望む女性の多くは自分をサバサバとしたクールな性格だと自負している女性が大多数を占めるのだが、そのような女でも一年以上の期間をセフレとして扱うと、いつの間にか女となり結果的に恋愛や結婚を意識するようになるケースが多いのだ。

だからこそ男は気を付けるべきなのかもしれない。

セフレと割り切って付き合うなら、付き合う期間を最大でも1年に設定するべきだ。それ以上はリスクがあると頭に入れて、絶対にセフレ関係を長引かせない。

ナンパ師にとって、恋愛や結婚は大敵だ。だからこそ、自分や相手をコントロールして真剣な恋愛にならないように舵を取るべき。

私は常に手持ちのセフレとの付き合った期間をメモしている。随時50人から100人のセフレを回している私だが、全ての女とのセフレ期間をメモしているし常に1年という期間をマックスにして彼女達とのセックスを楽しんでいる。

是非とも安全かつスマートなセフレ生活を送りたいと思っているナンパ師の方には、このルールを徹底的に頭に入れてもらい充実したセフレとのセックスを楽しんでもらいたい。