一人の女との長期的なセフレ関係はリスクの塊です!

セフレという言葉は日本でも完全に市民権を得た言葉だと思う。

最近では男だけでなく、女でもセフレ関係が気軽だと言い放つケースも多く、肉食女子などは恋愛よりもセフレが楽と断言する子も多い。

私はセフレ関係が世の中で当たり前となる事を望んでいる。やはり、一人の異性としかセックスを楽しんではいけないと言う考え方なんてのは、どう考えてもおかしいと私は思うのだ。

しかし、セフレ関係にはリスクも存在する。

そのリスクとはセフレとして付き合う期間の長期間である。

ハッキリ言ってセフレ関係というのは長過ぎてはならない。

具体的にはどんなに長くても一年を限度とするべきだ。それ以上のセフレ関係というのは基本的にはリスクとり、特に男にとっては女性から本気の恋愛を迫られる脅威となる可能性が高い。

セフレ関係を望む女性の多くは自分をサバサバとしたクールな性格だと自負している女性が大多数を占めるのだが、そのような女でも一年以上の期間をセフレとして扱うと、いつの間にか女となり結果的に恋愛や結婚を意識するようになるケースが多いのだ。

だからこそ男は気を付けるべきなのかもしれない。

セフレと割り切って付き合うなら、付き合う期間を最大でも1年に設定するべきだ。それ以上はリスクがあると頭に入れて、絶対にセフレ関係を長引かせない。

ナンパ師にとって、恋愛や結婚は大敵だ。だからこそ、自分や相手をコントロールして真剣な恋愛にならないように舵を取るべき。

私は常に手持ちのセフレとの付き合った期間をメモしている。随時50人から100人のセフレを回している私だが、全ての女とのセフレ期間をメモしているし常に1年という期間をマックスにして彼女達とのセックスを楽しんでいる。

是非とも安全かつスマートなセフレ生活を送りたいと思っているナンパ師の方には、このルールを徹底的に頭に入れてもらい充実したセフレとのセックスを楽しんでもらいたい。

2020年の東京オリンピックまでに出来る限りセフレをキープしておくべき!

日本の景気崩壊とセフレの関係恐らく、日本の景気2020年の東京オリンピック近辺でピークアウトすると思います。この頃になると、日本が衰退する大きな原因となっている少子化問題と超高齢化社会が一気に爆発し始めるからです。

そして、年々と膨らむ日本の債務比率は確実に日本のGDPの3倍程度に膨らみ、日本は世界からの信頼を失うかもしれません。そうなれば日本国債は大暴落し、結果的に金利が一気に上昇して経済はパニックとなります。

そうなれば、日本円は急激に投げ売りされ円安が進み、ハイパーインフレが訪れる。

マクドナルドのハンバーガーを一個買うのに数千円なんて時代が本当に来るかもしれません。これは旧ソ連でも実際に起こった事ですからね?このような強烈なインフレが日本では絶対に起きないなんて言っている人は単なる馬鹿ですからね?

まあ、ハイパーインフレというのは実は借金をチャラにするにはかなり効率的というカラクリもあるんですがね・・・

ハイパーインフレが訪れると、同時に日本政府が抱えている借金が殆ど無価値になります。直ぐに日本政府は全ての借金を返済できるのです。

その代わりに、日本人が保有している金融資産の価値は全て無にもなりますけどね(汗)

話がそれましたが、我々のような女とセックスさえ出来れば他に何もいらないと考える男達にとって、東京オリンピクが開催される2020年までにしておかなくてはならない事があります。

それは、出来る限りのセフレキープだと私は確信しています。

それも、出来る限りは若いセフレを量産しておきたい。未成年は何かと問題がありますから避けて、18歳~20歳辺りのセフレを大量にキープできると最高だと思います。

何故かと言えば、2020年以降はアクティブにセフレを探す女達が激減していると思うからです。

恐らく、日本の景気は先の見えない泥沼となって行きます・・・そうなれば、日本人全ての行動力が落ち、ある意味での娯楽ともいえるセックスに対しての欲が無くなる。女性は特に景気に敏感だと言われていますからね・・・

そうなれば、セフレなんて求める女は殆どいなくなる。このような事態を予測して今から行動しておくのです。

確実に来ると思います。日本経済の崩壊が。いや、日本政府の財政破綻が起きるでしょう。これはもう既にカウントダウンに入っています。アベノミクスは確実に世界から信頼されなくなって来ています。日銀という巨大な権力を持っても、既に日経平均株価すらコントロール出来なくなりました。

世界経済に簡単に足を引っ張られる安部&黒田の大規模金融政策・・・為替なんて日本政府や日銀にコントロール出来る筈がありませんからね?

混沌とした日本が来る前に・・・ナンパ師にとって出来ることを今からしておくべきではないでしょうか?我々には我々が本当に求めるセフレを今から量産して行くべきなのです。