OL達の夜の好奇心が止まらない!今ツーショット番組を使うなら圧倒的に夜遊び好きなOLです

勢いのあるエロ女達の年齢層というのは、私は時代のサイクルや時代背景により、全く変わって来ると確信している。

この傾向の始まりは1980年辺りから顕著に見られるようになった。80年代後半は日本がバブルのピークを迎えていた時期。

この時のエロ女は間違いなくOLだった。彼女達は好景気に比例するように性に対して開放的になり、丸の内のOLなどはある意味でブランドと化していた。

90年に入るとジュリアナ東京というバブルの象徴的なディスコが大ブームとなり、女達は極端に短いポディコンスーツに身を包み、下着はTバックになって、お立ち台で踊り狂い中にはノーパンで男達に性器を見せ感じまくる女もいた。

このジュリアナ東京に通う女達の殆どがOLであった。

一方で、90年代はエロ女達の世代交代の時期でもあった。安室奈美恵の登場による女子高生ブームの到来だ。

この頃から、性的な意味で女子高生はブランド化し、彼女達が好んで身に付けていたルーズソックスは大ブームとなった。更に、女子高生達は金を稼ぐ為に親父達と売春する事に手を出し始める。

これが、今では当たり前の言葉になった援助交際の原点である。

このように、女達のエロ化は時代の流れとサイクルによりガラッと変わる側面がある。

そして、2015年におけるエロ女とはどんなタイプなのか?

それは、間違いなくOL達である。この現象が起きる少し前に、実は人妻や熟女ブームが起きたのだが、こちらは大盛り上がりするまでには至らず、今でも少なからず人気となっている程度に留まっている。

やはりOLが最強と言わざるを得ない。彼女達のエロ化はまだ社会現象とはなっていないが、私から言わせてもらうと、今世紀最大のヤリマン化した女達の年齢層だと感じるくらいだ。

特に飲み歩きが大好きで、立ち飲みや行き付けのBARなどに頻繁に通うようなOLは高確率でヤリマンOLである。

軽く声を掛けて、テンション高めにリアクションしてくれるような子に関しては、その時点で

今夜はセックスOKという意味

すら感じるレベルなのだ。ナンパには確実に適しているだろう。