今年の夏のナンパの成果はどうだった?俺は爆食い連勝中!

本当に今年の夏は暑かった!いや、熱かったと言える!

毎日のようにストナンした私は7月8月と東京都内の繁華街を歩き回っただけで、何と体重が7キロも落ちたからな。

また、このダイエットの成果はチンポが乾く暇も無い程の連続セックスのお陰という噂もあるがw

単刀直入に言って今年の夏場は15人の女子大生と20人のOLとストナンオンリーでパコることに成功したのだ。単純計算すれば2日に1人は違う女をナンパしてセックスする事に成功したのだ。

渋谷、池袋、六本木、新宿、巣鴨などとにかく人が集まる地域に絞って毎日ストナンに繰り出した成果は余りにも立派だったと自分でも思う。巣鴨は意外かと思うかもしれないが、やたらと女子大や学校が多いので学生狙いのナンパスポットとしては最高なのである。

しかし、今年の女達の発情レベルは過去10年程度の中では間違いなくド変態レベルだ!

予想していたよりは女達のファッションなどは露出度が控え目だったのは少し悲しいが、その分女達の内面はセックス大歓迎モードだった気がする。

個人的にはこの調子だと10月の後半辺りまでは真夏の特権とも言えるストナンナンパ入れ食いが楽しめるのではないか?と言う感覚でいる。

もちろん、夏休みが終わる9月にはストナンだけでなく、出会いアプリやツーショットダイヤルも積極的に活用して行く。

今年のストナンは正直言って、私の予想を遥かに超える成果を得ることが出来た。この反動があると思うと少し悲しいが、幸いお気に入りのセフレも5人程キープ出来たので、当分の間は満足度の高いセックスライフが送れるのでは無いかと思う。

そして、今回の夏ナンパで感じた事は、やはりストナンにはストナンの魅力があるのだなと実感させてくれた事だ。

ツーショットや出会い系は実際に出会うまでは相手の顔やスタイルを確認するのは写メ交換くらいしか方法が無い。そして、今時の女達は神写メを撮る技術が上がっている。なので、実際に写メを交換したとしても、その写メは詐欺写メである確率が高いのが難点だ。

その点、ストナンは各自に自分好みのメスを物色出来るメリットがあるから素晴らしい。今回は正にこの物色を思い切り楽しむことが出来た。

それに、ストナンはかなりのトークスキルを要するのも事実。今回のストナンでかなりのトークスキルを得ることが出来た点も私にとってはかなりの成長となった。

このトークスキルはツーショットや出会い系サイトでも活用できる。つまり、私のナンパスキルはこの夏でワンランクもツーランクも上がったのだ。

やはり、夏のストナンは絶対にするべきだ。

即パコ最大のコツは暇女に特攻する事である

私は長年に渡り素人女とのセックスに情熱を注いで来ました。その結果、僅か10年間で3000人の女をハメ倒す事に成功した。

今で言うところの「パコる」である。

3000人もの素人娘をパコると流石に素人女と効率的にセックスするナンパ手法が確立された。

そのナンパ手法を今回はレクチャーしたいと思う。

そのナンパのコツはズバリ!

暇な女をとことん狙う事だ!

ハッキリ言って普段から日常生活が充実している女と、特に当てもなく毎日を生きている女をナンパした時はまるで違う結果となる。

5人のリア充女とセックス為るための労力を暇女に使った場合は50人の女とセックス可能だ。

つまり、リア充を狙った女に比べて暇女のナンパ成功率は5倍と言うことだ。

だからこそ皆さんには積極的に暇女を狙って欲しい。例えば時間を持て余す女が多いスポーツクラブなんてのはどうだろうか?

ネットや電話コミュニティーでも同じだ。

暇な女。つまり平日の朝方や昼間の時間帯にも関わらず男を求める女を徹底的に攻めるべきだろう。

暇だからこそ女はセックス相手を求める。ならは、ピンポイントで暇女を狙えば良い。簡単な話なのだ。