オナホ代わりに射精出来る手頃なビッチと出会う

テンガビッチを探そう俺は長年に渡りナンパ師として活動して来た。その経験の積み重ねでかなり女の本能や本質を見極められる様になったので最近は本当に女に困る事もなくなったしな。

まあ、ナンパ師は当分の間続けて行きたいから、ちゃんと付き合ったり結婚なんてのは全く考えていない。ナンパ師は生涯、路上やネット・電話系のコミュニティーで常に新しい女と出会いハメて行く!これがナンパ師としての生き方だと思っている。

俺は正直言って女の事をTENGAみたいなオナホールとしか見ていないのかもしれない。とにかく手軽な穴を見つけてチンポを挿入できれば満足なのだ。そこに、愛情や恋愛感情なんてものは一切感じないな。

最近はその傾向が顕著に出てきたかもしれない。とにかくヤリマンやビッチのみをピンポイントで狙って、必ずその日にナンパしたら、その日に犯すのが俺の鉄則である。

女を探すのは半分が路上ナンパだな。昔は渋谷のセンター街でギャル狙いをしていたが、最近は池袋がとにかく多い。埼玉から出て来た生粋のヤリマン工場女がゴロゴロ股を開いて待っているのだから。

残りの半分はツーショットダイヤルと出会い系アプリが多いな。電話だとマックス率が高いかな。アプリはワクワクメールのVIP会員の特権をフルに活かす感じだ。暇トークがヤレると言う情報もあるが、私はあえて今主流の出会いアプリには手を出さない。何故なら、それ系のアプリには援デリなどの糞業者が活動している確立が極端に高くなるからだ。

最近は本当にセックスに対して貪欲な女と、逆に淡白な女に別れている傾向が強いのでそこだけは気を付けておきたい。とにかく、まずはヤレる女とヤレない女を的確に見分ける嗅覚を磨いて欲しい。

保険の営業女がヤリマンとの噂は都市伝説なのだろうか?

突然だが先日、生命保険に入ってみようと思った。理由は自分の年齢が四十を超えてきたからである。実は私は美人な嫁と数年前に結婚したのだが、最近になってやたらと生命保険に入れと言われていた事も影響している。

もし、このブログの更新が止まったら俺は嫁に毒を盛られたのかもしれないと推測して欲しいw

まあ、良く考えると俺の職業は自営業だし年によって体を酷使する事も多いので嫁も色々と心配なのだろう。それに、保険と言う保険にこれまで入ったことも無いしな。

でな?

都市伝説的な噂にもあるように生命保険の営業女は、保険を契約する代わりにセックスさせてくれると言う噂があったので俺は内心、下半身がギンギンになっていた。

恐らく外資系などのチャラい生命保険だと、事務的に話が進みそうなので俺は国内大手の保険会社二社に見積もりに来てもらう事にした。

もちろん、場所は俺の個人事務所だ。

まず、俺はネット上にある家具の配置から整えた。何やら保険会社のお姉さんは人によってはミニスカなどを履いてパンチラを意識させたり、胸元がガッツリ空いたワイシャツを来てくると言う書き込みを見たからだ。

そして、俺は事務所のテーブルとソファーを極端なローバージョンに変えておいた。もちろん、生保のヤリマン営業女のパンチラをガッツリ凝視する為の仕掛けである。

ダウンライトも丁度パンチラの位置に来る様に仕掛けて準備はOK。俺はイチモツをギンギンにした状態でヤリマン生保女を迎えた。

来た女は30代半ばの綺麗系のお姉さんだった。来た瞬間に息子が少し膨張したのは言うまでも無い。これはヤリマンなのか?俺の心の中はワンナイトラブへの期待でギンギンだ!

しかし、結果は惨敗wwwどう考えても固くて真面目な営業女でした。しかも、ミニスカじゃなくてパンツだしな。もう、ガッカリだよ!俺のローテーブルとソファー代金を返して来れと言った感じである。

まあ、綺麗なお姉さんと小一時間も雑談出来たのでまあまあの満足度はあった。もちろん、契約はしなかったしなwww

俺は少なくとも後数社は男の夢に向かって生保レディーと面接しようと思う。もしかしたら大手を外せばヤリマン営業と出会える確率は高そうなので、今ネットで狂った様に生命保険の代理店を調べている所だ。

エロ目線ばかりでツーショットダイヤルを使わない理由

地球平和世の中は混沌とした時代に突入している。イスラム国問題で、日本人はもはや戦争に巻き込まれそうになっている。恐らく気軽に海外旅行に行けなくなる時代も来るかもしれない。

私はこんな時代だからこそ、自分の視野を幅広く持ち、様々な側面から世の中を考えてみなくてはと思っている。

これは、エロの世界でも同じだと思う。私はここ最近のナンパスタイルを劇的に変えた。それまでは女は全てエロ目的と言う感覚で口説いてきたのだが、最近は違う。

出会い系サイト、ツーショットダイヤル、伝言ダイヤル、掲示板、ソーシャルメディアなどなど。

とにかくこれらの出会いに繋がるサービス内で知り合った女達と語るのだ。

チャットや電話、掲示板などでとにかく議論する。日本国内の事や海外の事まで全て。また、性についての悩みなども積極的に聞いてあげる。真剣に聞いてあげると、最近の女は心を開いてくれる事が多いからだ。

特にツーショットダイヤルはチャットや掲示板スタイルのサービスとは違い、スマホや携帯電話の通話機能を利用した生電話で楽しむコンテンツだ。

電話の力は凄い。細かいニュアンスも伝わりやすいし、何よりお互いの気持ちがダイレクトに分かるから魅力的だ。

議論や討論には最適だろう。

もちろん、キャバクラ感覚やプレイとしてテレフォンセックスするのもツーショット番組の醍醐味だ。積極的にプレイするべきだと思う。

とにかく視野を広げて考えて欲しいのだ。テレフォンセックスばかりでは飽きる。飽きたら議論を楽しめば良い。この繰り返しだけでもかなり楽しめるからな。

私は思う。この先のツーショットダイヤルはストレートに口説くだけではその魅力の10%しか楽しめない。残りの90%は人生ドラマや悩みなどの幅広いテーマで望むべきだろう。

足立区や葛飾区の下町エロ女は簡単な様で難しい!効果的な口説き方について

ナンパは女性の出身地や地域性を反映させるべきだと私は昔から意識している。日本は狭いようで実はかなり広いと言うのが私の持論である。

極端な例を挙げれば北海道の女と沖縄の女のナンパの仕方の違いである。誰もが同じ感覚でナンパするのは間違いだと思うだろうが、実際の所もかなり違うナンパスタイルで攻める必要がある。

北海道の女はかなり自由奔放な子が多い。なので比較的、こちらも掴み所の無いフラフラした感じて攻めると女と会話が弾む。

沖縄の女はセックスに対してはかなりオープンな感覚を持っているのだが、実は内面は非常に家庭的だ。なので基本的にはチャラい感じより、真面目で紳士的な態度が好まれる。

簡単に言えば同じ日本でも上記の様な違いが全国レベルで存在する。

そして、今回は東京23区内でかなり下町的なイメージが強い足立区と葛飾区の女に対してのナンパについて話したい。

基本的にこの2区内は地元意識の強い人々が多い事が挙げられる。また、この2区は東京23区内でも治安が悪いと言う側面を持っている、つまりヤンキーが多いのだ。未だに暴走族などが積極的に走っている地域も多いからな。

ヤンキーが多い地域は基本的に縄張りを意識する人が多い。これは悪い面だけがクローズアップされるが、実は地元愛が強い人が集まっている地域だとも言えるのである。

そして、この傾向は両区内の女性達にも同じ事が言える。成人を迎えても区内から出る事をしないし、出来れば地元で結婚して一生地元で暮らして行きたいと思っている女性が多いのだ。

基本的にこの様な下町気質の強い地域でのナンパは押しやチャラいトークよりも、男臭い熱い会話を好む女性が多い事を頭に入れておくと出会いにも繋がりやすいと思う。

出会い系ならば、最初は地元トークなどで盛り上がり、次にお互いの過去の恋愛トークなどを進めると共感を得やすい。

ツーショットやテレクラなどでもこの共感や地元感を大切にしよう。