「上級国民」などと僻むネットニートが増えている現状がヤバ過ぎる件・・・

最近の2ちゃん系まとめやネットニュースを見ていると、やたらと
「上級国民」
という言葉を目にする機会が増えたように感じる。

いや、感じるというより明らかに「上級国民 」という単語がネット上で目に付くようになった!間違いない!!

気になって上級国民の意味を調べてみると、ネットスラングのようだ。

上級国民という言葉が広まった経緯は、2015年に騒動となったデザイナー「佐野研二郎」氏が巻き起こした東京オリンピックのロゴパクリ疑惑事件が元となっているようだ。

何やら、この騒動が炎上した後に佐野研二郎氏のロゴ採用が取り下げられた際、選考委員長の会見にて

「しかし、一般国民がこの説明を納得することは難しい、問題あり」

「専門家の間では通用してわかりあえる、一般国民は残念だが理解しない」

 

上記のような「一般市民」という発言をした直後に作られた言葉らしい。

明らかに差別的な発言をした選考委員長の言葉にネット住民達の怒りの反応が「上級国民」という言葉を生み出させたのだ。

つまり、上級国民の意味というのは日本には一般市民に対して、より特別なレベルの高い国民が存在しているという事・・・

そして2017年現在、この「上級国民」という言葉は確実に一人歩きしており、言葉の起源や本来の意味とは明らかに異なる使われ方がされ始めている。

単刀直入に言えば、格差社会が広がる現状の日本において、ある意味で負け組にカテゴライズされてしまっている

低所得者やニート

などが

自分自身をを卑下する

時に使っているのである。

私は、この流れは非常にマズい事態であると強く懸念している。

何というか、完璧に格差社会における住み別けというのが始まっており、弱者がドン底の人生から這い上がろうとする努力を完全に諦めてしまった現れだと思うからだ。

まともな考えならば、自分より豪華な生活をしていたり、人から尊敬されているような仕事をしている人を目の辺りにした場合は、

自分自身がもっと頑張らなくては

と思うのが、人間としては正しい思考だと私は感じる。そうやって人は成長して行くし、誰だって努力をすれば今よりも確実に稼げるし人に認められるのだから。

しかし、少しでも自分より上だと思った人間に対しては

上級国民

という呼び方をして僻む。明らかにネガティブ過ぎる思考であるし、ある種の精神的な疾患を疑ってしまう。

この社会的現象というのは、かなり危険であると私は強く懸念している・・・資本主義が当たり前の日本・・・いや、グローバル社会において格差社会の底辺を自ら受け入れて諦めてしまう人間が増えるのは明らかに異常事態である。

2020年には東京オリンピックが行われるが、私はこの時の日本人同士における格差というのは今よりも強烈なものとなっていると確信している。

ヤバい未来・・・想像したくはないが、「上級国民」などという馬鹿げた言葉を使う人が増えている現状を見る限りは、その未来というのは既に確定路線なのかもしれない。

 

具体性が一切ない小池百合子を支持する日本人って本当に存在するの?

地獄の民主党時代からアベノミクスという素晴らしい景気回復を実現してくれた自民党。

しかし、安倍晋三さんが解散宣言をした途端に現「東京都知事」という重要なポストに就いている「小池百合子」がいきなり新党を立ち上げたから巷はパニックだ。

その名も「希望の党」である・・・

この希望の党の中身というのは民進党の貧乏議員を寄せ集めた「銭ゲバ」共の集まりである・・・考えただけで寒気がするやり口である。

俺は大のナンパ好きでありセックスの為にだけ生きているような底辺男であるが、ハッキリ言って今回の「小池百合子の糞さ加減」には本当にムカついている。

アベノミクス景気をぶち壊そうとしてどうするのか?

小池百合子が仮にでも選挙で勝ったら間違いなく株価は暴落するだろうし、これまでの安倍さんや日銀の黒田さんの努力が全て水の泡になる可能性がある。

しかもだ・・・明らかにマスゴミというのは反安倍潰しに躍起になっており、日本の選挙において最も投票力を持っている高齢男女に強い影響力を与える構図となているからタチが悪い。

私は本気で思う。

10月に行われるとも言われている選挙にて小池百合子が大幅に投票を伸ばして、第一野党となったとしたら、私は日本国民というのは本気でバカが揃っている糞国家であると確信する。

そして、直ぐにでも私はアメリカかシンガポールにでも投資を行って永住権を取得して、直ぐにでも日本という国を捨てる決断をする。

まさか、何の実績もない小池百合子を雰囲気で評価して実際に投票しようなんて考えている馬鹿は殆どいないと思うが。

とにかく私は思うのだ。

アベノミクスは間違いなく地獄の民主党(民進党)時代から日本国民に希望を与えてくれたと。

しかも、日本の雇用は劇的に上がったし給料も右肩上がりとなっている。

これを馬鹿の投票でリセットして良いのだろうか?

私はこのブログで昔から言い続けている。バブルが来たら間違いなく日本の女達はエロ化して、ナンパもセックスもやりたい放題という世界が確実に訪れると。

それをアベノミクスは既に実現してくれているのだ!

私は更なる日本人女達のエロ化を目指して安倍晋三率いる自民党を応援する。

トランプ効果で日本にもバブル再来のチャンス!?

つい先日に行われた日米首脳会談を皆様は注意深く見ていましたか?

日本の総理大臣である安倍晋三が巨大大国アメリカの大統領に就任したドナルド・トランプと会談するというのだから、むしろ注目していない方が少数派だと言えるでしょう。

私は普段から株のトレードを行っていますので、この日米首脳会談にはかなり注目していました。

それまでの日経平均株価は非常にダラダラとしていましたので、もちろんロングに張っており、結果的には日経平均レバを約2000万円ほどを信用全力で仕込み数百得万円ほどの利益を得ることに成功しましたね。

非常に分かりやすい日米首脳会談だと感じました。それまでドナルド・トランプは日本に対して挑発的な事ばかりを述べていたので、私はそれが逆に不自然だと思い会談は無難に通過すると思っていたのですが、見事にその通りになりましたね。

会食やらゴルフをして、今までのアメリカと日本の関係を改めて再認識する為の会談という感じで、メディアなどではトランプの罠であるとの意見がなされていましたが、私はそうは感じませんでした。むしろ、トランプは安倍総理を素で気に入っていると感じましたからね。

私はこれからのアメリカと日本の株式相場にはかなり楽観的な考え方を持っています。つまり、どちらも右肩上がりに上昇を続けるとかなり強気な見方をしているのです。

こんな感覚を持ったのは、小泉総理が長期政権を実現した時以来ですからね。この官界は間違いなく今回も当たると思っています。

そして、私は日本にもやっとバブルの2文字が思い浮かんで来ました。小泉総理の時の日経平均株価は19,000円ほどまで回復を見せましたが、それでもバブル全盛期の38,000円という数字には遠く及ばなかった。

それどころか、日本はアメリカのサブプライム問題から来たリーマンショックの余波を食らって、10,000円割れという再び暗黒の日本経済となってしまいましたからね。

そこへ自民党から民主党への政権交代・・・この政権交代こそが、日本の経済を最悪期とさせた原因だと私は思っています。

安倍総理は間違いなく長期政権となります。だからこそ私はドナルド・トランプと友好的な関係を確信したアベノミクス相場の今後に期待しているのです。

既に日経平均株価は2月13日の終値時点で19,450円を回復していますからね。20,000円は3月中に付けるとして、年末はどこまでの高値を終えるのか!?私はこの年末の株価にかなりの期待を持っています。

年末までに25,000円程度の日経平均相場となれば、私は日本経済は完璧なる「回復」と「本格的なバブル」となると思っています。そうなれば、日経平均株価は止まらないでしょう。

恐らく、直ぐに40,000円という前代未聞の高値を付けて来ると思いますし、そこから次々と新規トレーダーが現れて、日本の株価は強烈なバブルとなると確信しています。

これは日本が経済大国として立ち直れる最後のチャンスだと私は思っています。だからこそ、この25,000円という数字を今年中にクリアしてもらいたいと心から願っています。

2020年の東京オリンピックまでに出来る限りセフレをキープしておくべき!

日本の景気崩壊とセフレの関係恐らく、日本の景気2020年の東京オリンピック近辺でピークアウトすると思います。この頃になると、日本が衰退する大きな原因となっている少子化問題と超高齢化社会が一気に爆発し始めるからです。

そして、年々と膨らむ日本の債務比率は確実に日本のGDPの3倍程度に膨らみ、日本は世界からの信頼を失うかもしれません。そうなれば日本国債は大暴落し、結果的に金利が一気に上昇して経済はパニックとなります。

そうなれば、日本円は急激に投げ売りされ円安が進み、ハイパーインフレが訪れる。

マクドナルドのハンバーガーを一個買うのに数千円なんて時代が本当に来るかもしれません。これは旧ソ連でも実際に起こった事ですからね?このような強烈なインフレが日本では絶対に起きないなんて言っている人は単なる馬鹿ですからね?

まあ、ハイパーインフレというのは実は借金をチャラにするにはかなり効率的というカラクリもあるんですがね・・・

ハイパーインフレが訪れると、同時に日本政府が抱えている借金が殆ど無価値になります。直ぐに日本政府は全ての借金を返済できるのです。

その代わりに、日本人が保有している金融資産の価値は全て無にもなりますけどね(汗)

話がそれましたが、我々のような女とセックスさえ出来れば他に何もいらないと考える男達にとって、東京オリンピクが開催される2020年までにしておかなくてはならない事があります。

それは、出来る限りのセフレキープだと私は確信しています。

それも、出来る限りは若いセフレを量産しておきたい。未成年は何かと問題がありますから避けて、18歳~20歳辺りのセフレを大量にキープできると最高だと思います。

何故かと言えば、2020年以降はアクティブにセフレを探す女達が激減していると思うからです。

恐らく、日本の景気は先の見えない泥沼となって行きます・・・そうなれば、日本人全ての行動力が落ち、ある意味での娯楽ともいえるセックスに対しての欲が無くなる。女性は特に景気に敏感だと言われていますからね・・・

そうなれば、セフレなんて求める女は殆どいなくなる。このような事態を予測して今から行動しておくのです。

確実に来ると思います。日本経済の崩壊が。いや、日本政府の財政破綻が起きるでしょう。これはもう既にカウントダウンに入っています。アベノミクスは確実に世界から信頼されなくなって来ています。日銀という巨大な権力を持っても、既に日経平均株価すらコントロール出来なくなりました。

世界経済に簡単に足を引っ張られる安部&黒田の大規模金融政策・・・為替なんて日本政府や日銀にコントロール出来る筈がありませんからね?

混沌とした日本が来る前に・・・ナンパ師にとって出来ることを今からしておくべきではないでしょうか?我々には我々が本当に求めるセフレを今から量産して行くべきなのです。

村上ファンドの強制調査にみるアベノミクス相場の未来について

またもや株価操縦の疑いにより村上ファンドが強制調査を食らった。このニュースを聞いた瞬間に私が感じた事。

それは

日本の景気はバブルに突入しているのかもしれない

という事だ。

ライブドアショックの時代を思い出して欲しい。日経平均株価は16,200円程度をウロウロしていた。そしてライブドアショック後には15,300円付近まで暴落してしまった。

結果的にライブドアショックにより新興銘柄は大暴落して、後にインサイダー取り引きを行っていた村上ファンドの村上が逮捕された。

この事件は堀江貴文の逮捕と同時期に起きたので、村上事件はあまり知らない人が多いかもしれないが、株式トレードを行っていた人にとってはなかなかの衝撃だった。

今回の村上ファンドの強制調査は間違いなく警察の怨みが大きいのでは?と感じる。何故なら、警察は村上を懲役にぶち込む事が出来なかったからだ。

そして、凝りもせずに大量の株式買い付けにより企業を支配しようとする動き。この行動が再び出る杭を打つ日本の警察の火をつけたのだろう。

この一連の流れ。

私は日本株が上昇のピークを打つのが極めて近いのでは?と感じている。そして、アベノミクスが既に外国人株主から失敗だと思われ始めたとも感じる。

何故、安倍総理は急に経済対策についてトーンダウンして来たのだろうか?

株価を上げたいなら直ぐにでも日銀の黒田を呼び出して、大規模な金融追加緩和を発表させれば良いだけの話だ。

前回と同様クラスの追加緩和をすれば、20,000円からの日経平均株価なんてのは真空地帯であるから下手すれぼ30,000円まで一直線に上がるかもしれない。

そうなれば、日本が80年代に付ける事が出来なかった日経平均株価

40,000円を超える事が出来るチャンスすらあると感じている。しかし、この場での村上ファンドの強制操作・・・私は何か嫌な予感がしている。この手の株式トレーダーの心理を煽る事件はボディーブローのように精神面をネガティブな状況に陥れるからだ。

正直、言って村上及び長女の一連の株価操縦は一般的な株主にしてみれば迷惑以外の何者でもないと私は感じている。

景気感と女のエロスの関係性は気軽にセックスするなら常に考えるべきだと思う!

私は昔から株式取引をしており、インターネットで株取引が出来るようになってからは、毎日のように世界情勢や株式チャートを眺めて生活して来た。

株というのは、基本的には世の中の景気に左右される。実は株というのは長期的に見れば世の中の人々達の景気感と見事に比例するのだ。

例えば、日本のサラリーマン達が皆んな最近は給与がガンガン上がって、金に余裕が出来て来たな!と思えば、その金は確実に趣味や娯楽に回り、結果的には日本の消費が増えて企業が儲かり株価は右肩上がりになって行くのだ。

実は株が長期的に上がる仕組みはこれだけの理由なのである。

そして、この景気の良し悪しと言うのは女達のエロスにも大きな影響を与えると私は確信している。

具体的には景気が良くなったと女が感じれば、女は性的に開放的になりセックスしたくなる気分が強まる。逆に景気が落ち込んだと女達が感じれば、セックスに対する興味も比例して落ち込むのである。

だからこそ、私は世の中の景気に敏感になる事は重要だと感じている。何故なら、景気というのは短期的にも個人的にも波が存在しているからだ。

例えば、狙っている好きな女がいるとして、その女がOLをしていて契約社員から正社員になれたとする。このタイミングは確実にセックスチャンスであり、ナンパチャンスなのである。

契約社員から正社員になれれば、年収は百万クラスで上がるだろう。つまり、それは彼女にとってのバブル期なのだ。景気が良くなればセックスしたくなる。ならば、男ならその女を口説いてセックスすべきだろう。

もちろん、株式市場などを見て全体的な女のエロスのバブル化を狙って行くのも良い。

とにかく人々の景気感と女達のエロスは確実に比例していると常に頭に入れて、女をナンパする事や出会いを楽しんでみて欲しい。

OL達の夜の好奇心が止まらない!今ツーショット番組を使うなら圧倒的に夜遊び好きなOLです

勢いのあるエロ女達の年齢層というのは、私は時代のサイクルや時代背景により、全く変わって来ると確信している。

この傾向の始まりは1980年辺りから顕著に見られるようになった。80年代後半は日本がバブルのピークを迎えていた時期。

この時のエロ女は間違いなくOLだった。彼女達は好景気に比例するように性に対して開放的になり、丸の内のOLなどはある意味でブランドと化していた。

90年に入るとジュリアナ東京というバブルの象徴的なディスコが大ブームとなり、女達は極端に短いポディコンスーツに身を包み、下着はTバックになって、お立ち台で踊り狂い中にはノーパンで男達に性器を見せ感じまくる女もいた。

このジュリアナ東京に通う女達の殆どがOLであった。

一方で、90年代はエロ女達の世代交代の時期でもあった。安室奈美恵の登場による女子高生ブームの到来だ。

この頃から、性的な意味で女子高生はブランド化し、彼女達が好んで身に付けていたルーズソックスは大ブームとなった。更に、女子高生達は金を稼ぐ為に親父達と売春する事に手を出し始める。

これが、今では当たり前の言葉になった援助交際の原点である。

このように、女達のエロ化は時代の流れとサイクルによりガラッと変わる側面がある。

そして、2015年におけるエロ女とはどんなタイプなのか?

それは、間違いなくOL達である。この現象が起きる少し前に、実は人妻や熟女ブームが起きたのだが、こちらは大盛り上がりするまでには至らず、今でも少なからず人気となっている程度に留まっている。

やはりOLが最強と言わざるを得ない。彼女達のエロ化はまだ社会現象とはなっていないが、私から言わせてもらうと、今世紀最大のヤリマン化した女達の年齢層だと感じるくらいだ。

特に飲み歩きが大好きで、立ち飲みや行き付けのBARなどに頻繁に通うようなOLは高確率でヤリマンOLである。

軽く声を掛けて、テンション高めにリアクションしてくれるような子に関しては、その時点で

今夜はセックスOKという意味

すら感じるレベルなのだ。ナンパには確実に適しているだろう。

中国株が崩壊!アベノミクスへの挑発としか思えない!

遂に中国株が崩壊した。上海市場の動きは前々からおかしかった。急激に二倍もの平均株価になった上海。個別株を見ると十倍以上に値上がりした株もゴロゴロしている。

そして、始まりは緩やかだった。僅か5%程度の下げがポツポツと出る日が続く。この時の日経平均株価は二万えに乗せていて絶好調だった。

しかし、暴落は突然来た。原因は間違い無く中国政府の余計な株価の趣旨を目的とした政策だろう。

いきなり、信用保証担保を緩和したり、家を担保に株を買えるなどと言うメチャクチャな政策を何個も立て続けに出したのだ。

当然、中国国民は上海株は大丈夫なのか?と思う。その思いが爆発して今回の暴落となっているのだ。

しかも中国政策は株式の世界では絶対に犯してはならない政策をしてしまった。それは、個別株の売買ストップ(取引停止)である。

これをやれば、事実上の資産凍結である。下手すれば国を揺るがす程の惨事であると国民は思う。

そして今、負の連鎖はおきている。上海株が売買出来ないのであれば、香港株を売れば良い。こんな動きがリアルタイムで起きている。そして、何と中国政府は全体の4割の上場株を売買停止にし始めた。

良いだろうか?中国株と言うのはグローバル化されていない。上海市場を支えているのは全体の7割に当たる個人投資家なのだ。

爆買いと呼ばれる中国人の日本贅沢旅ももう終わりだ。中国が復活するにはどう考えても10年の歳月が必要だからだ。

日経平均株価も既に1000円以上暴落してしまった。ギリシャ問題なんて全く痛くない。本当に痛いのは中国の崩壊だ!

もしかするとアベノミクスはこの先に大ピンチを迎えるかもしれない。それはサブプラローン問題の時と同じ様に、世界規模での信用収縮が起きる時に発生する。もし、チャイナショックが本当に起きればアベノミクスなんてのは無意味に終わる。

直ぐ日本円は二桁に戻るだろう。そして訪れるデフレ。こうなれば日本は先進国から脱落するだろう。何故なら既に大量の日本円を刷ってしまったからだ。

とにかく、この先の上海及び香港市場には注意深く監視するべきだ。そして、日本はアベノミクスを守らなければならない。

今年の夏は猛暑とバブル景気でナンパ待ち女が増殖する筈だ!

何やらいよいよバブルの匂いが漂ってきたな・・・本日の株式市場の動きはどうもきな臭い・・・

昨日が300円以上の大幅下落。まあ、この程度の調整は許容範囲と言えるだろう。しかし、本日の株価の動きを見ただろうか?午後は昨日の下落分を取り戻そうと150円近くも値上がりしていた。

しかし突如、為替が動いたのだ。ドル円は急激に円高に2円も動いた・・・これは何かあったな。私は直ぐにCNNや日経などのニュースを見た。答えは直ぐに見つかった。

日銀総裁が米国の利上げが既に織り込まれているなら「これ以上の円安は無いだろう」と発言したのだ!

これは明らかに意図的な発言。恐らく米国の圧力だと私は予測しているが、あまりにもタイミングがおかしい・・・まるで米ドルの利上げが直近であるとの情報を掴んでの為替の行き過ぎのストップを強制的に行ったとしか私には見えない。誰がこのタイミングで「円安が行き過ぎ」なんて事を思うのだろうか?

ある意味で私はこの発言を評価している。何故なら、行き過ぎた円安は直ぐにバブルを誘発して日経平均株価もお祭騒ぎになってしまう可能性が高いからだ。そうなれば相場は長続きしない。すなわち、日本に再びTバック丸出しで踊り狂うエロ女が出現しなくなってしまう事になる。

日経平均2万円~2万1000円程度。私は今年の日経平均株価はこれくらいの位置でボックスするのが居心地が良いのではないかと想像している。だって、既に世の中はバブル気分の女がチラホラと出てきているからな。

今年の夏は猛暑と聞く。恐ろしいミニスカやグラビア顔負けの谷間全快のエロ女達が街中を闊歩するだろう。そんな女を見かけたら眼姦してやれば良い!そして、いかにもヤリマンっぽい女だったらストリートナンパも積極的にして行くべきだ!夏場の路上ナンパ成功率は信じられないほど高いからな。

恐らくリゾート地や海などではナンパ待ちするギャルやOLもゴロゴロ現われるだろう!好景気になった時の女は本当に発情するからな!ワンナイトラブやセフレなんて当たり前のように楽しめる季節だ。

出会い系やツーショットダイヤルももちろん同時併用して行くべきだろう。夏場の季節の出会いコミュニティー利用率は夏以外のシーズンの2倍に膨れ上がる。つまり出会えるチャンスは2倍だ。このチャンスを思い切り使い倒すべきだ!そしてヤレる女から徹底的にハメ倒せば良い。

株が上がれば一般人が株式投資に参入して来る!これがバブルの始まりであり崩壊の序曲である

私のブロクでも定期的に景気や株の話をしている。そして、バブルが来ればそれはエロ女友達の増加に繋がることは何度もお伝えして来た。

気が付けば日経平均株価は二万円間際である。アベノミクス相場が始まる前の民主党政権時代の日経平均株価は僅か八千円程である。既に二倍以上の値上がりだ。

アベノミクス相場が始まった当初はニーサなどのニュースも飛び交いテレビなどでも株の話をする人が増えたが、翌年の大暴落によりかなりの一般人が損失を被り投資から離れたように感じる。

しかし、気が付けば二万円間際である。投資と言うのは短期的に見ればかなりの乱高下を繰り返す。この乱高下に耐え切れないものは何故か損切りしてしまう。

何故なら金を失うと言う恐怖に耐えられないからである。そして、これは手持ちの貯金に対しての投資額が大きければ大きい程に恐怖を感じるものだ。

ハゲタカと呼ばれる外国人ヘッジファンドなどは、この一般人が恐怖を感じるポイントをかなり細かいデータでピンポイントに把握している。

彼らは豊富で莫大な資金力を利用してこの一般人が感じる恐怖と楽観をギリギリのポイントまで叩き落としたり持ち上げるのだ。

しかし、日本株は確実に上昇している。恐らくこの相場は東京オリンピック間際まで続くのではと感じている。もしかすると、日本株は未曾有の四万円を突破するかもしれない。または、そこまで行くまでに叩き落とされるかもしれない。

上手く飛び乗り、利益が出たところで素早く利益確定するスキルがこれからの日本株をトレードする人には必要になって来るだろう。

まあ、私的にはガンガンにバブル景気になってもらいエロ女達が渋谷や新宿などの街でエロエロになってもらえれば良い。

もしかすると、この日経平均株価の二万円と言うのは序曲に過ぎないのかもしれない。何故なら中国やアメリカの株価が絶好調だからである。世界的に株価が上がれば確実に金は余って来る。その金がアベノミクス相場と言う大規模金融緩和を材料にまだまだ買われる可能性はあるのだ。

エロ女も増えて欲しいが私は金も増やしたい。私はバブルの時に青春時代を過ごした人間だ。もう一度あの女達がエロに狂った日本が見てみたい。