景気と女のエロさは連動するぞ!アベノミクス爆発でヤリマン女多発

日本の景気がガンガン上がって来てるな!いつの間にか日経平均株価は一万六千円を突破して年初来高値を遂にぶち抜いて来た。

民間の給料も徐々にだが上がって来たな。注意点とてこれからの日本人は超格差社会になる。つまり派遣などの非正規雇用の人は間違い無く給料が少ししか上がらない。

そして、円安はどんどん進む。これはアメリカのドルが利上げして強くなる為だ。そうなると材料や資源の値段がガンガン上がり、輸入に頼っている日本の物価はどんどんと上がって行く。

つまりインフレが起きるのだ。これはアベノミクス相場の目的でも実はある。全体の物価を上げ、国の借金を事実上下げつつ株価を上げる。

投資家は桁違いに儲かり、民間人は一流企業に限り給料が上がる。残った人間は残念ながら消費税増税の波と物価高のダブルパンチを喰らいKOだ。

この先、この流れは桁違いな速度で進む。日本円を溜め込んでいる人はどんどんと円の価値が下がるのでなるべく早めに不動産や外貨に変えておくべきだろう。

まあ、我々一般庶民にはなんの恩恵も無いアベノミクスだと思われるかもしれないが実はそうでもない。

何故なら景気が良くなると女達がエロ化するからだ。良く思い出して欲しい。日本が唯一余裕のある生活を送れた1980年代のバブル景気を。

景気はみるみる内に上がり日経平均株価は四万円に迫る勢い。金持ちが増え、街中には金を落とす遊び人だらけになった。

キャバクラや高級クラブではガンガンドンペリの注文が入り一晩に十万は当たり前。100万使ってそこそこの金持ちなんて時代だったのだ。

そして女達のエロ化は頂点を極める。ジュリアナ東京でのTバック丸出し踊り子達の乱舞だ。とにかくあり得ない程の露出度をしたワンレンボディコン娘がお立ち台で踊り狂う。中にはノーパン丸出しで猥褻物陳列レベルの女もいた。

当然、性は乱れ乱交パーティなんかもガンガンに行われていた。テレクラなんかもこの時代に流行り凄まじいブームになっていたからな。

こんな時代が再来するかもしれないのだ。恐らくそれは日経平均株価が三万円付近に近づいたら顕著に現れるだろう。

そうすれば、一般市民も気軽に女をナンパしてセックス三昧だ。今の時代はスマホが当たり前だからネット関連の出会い系なども盛り上がって来る。

この先、日経平均株価には注目しておきたい。そして、何時でもセフレ大漁に備え下半身を鍛えておこう。